ながた歯科医院 診療方針・理念

診療理念

ながた歯科は沖縄本島北部名護市の歯科医院です。

都会の歯医者でしたら、矯正やホワイトニングなどに特化した歯科医院もありますが、ここではあらゆる患者さんに対応できる必要があります。
医療格差などの言葉も聞かれる昨今。たとえ地方であっても、最高のサービスを提供したい。名護市のながた歯科では、可能な限り多くの患者さんに対応したいと考えています。

そのため、医師間のネットワークを活用し、矯正・インプラントの各専門医の協力を得て、様々な症例に対処しています。

地元のニーズすべてに応える事。それが、ながた歯科の方針です。

 ながた歯科医院では、医院長と、矯正の日には矯正の専門医、インプラントの日にはインプラントの専門医、との3名の歯科医師に加え、歯科衛生士4名が治療のお手伝いを行っています。
3ヶ月毎にご案内を差し上げ、定期的な検診はもちろん(保険適用)、プロによるPMTCや3DSといったクリーニングも行っています。

でも、歯を守るのは、本人のモチベーションが一番大切です。その「やる気」をスタッフがサポートします。

PMTC:歯科衛生士による専用器具を用いた物理的なクリーニング。
自宅では難しい歯の汚れバイオフィルムを除去します。
3DS:PMTC終了後、マウスピースを用いて薬剤を歯に定着させる方法です。 

大切なのは、「治療 + 歯を守る」事

クリーン診療のお知らせ

クリーン診療-名護市の歯科クリニック ながた歯科医院

オヤッ!と思うほど、お口の中にはたくさんの菌がいます。特にむし歯は菌のかたまりです。
歯をけずるときには、菌がかなりの早さで回りに飛び散ります。
ですから歯の治療にあたっては、衛生ということに細心の注意を払う必要があります。
歯を削るときに、お気づきになると思いますが当院では菌を吸い取ってしまう強力な装置デンパックスを採用いたしました。
皆様が一日でも早く健康な歯に回復されますように今までより以上に安全でクリーンな診療をお約束致します。

当院の感染予防対策

当院は20年前から患者さんの気持ちに立って、基本セット(ミラー、ピンセット等)や、お口の内で使用するタービン(切削用具類)は滅菌パックを行い、毎回一人々交換し、紙コップ、紙エプロンやヘッドカバー等ディスポーザブルを使用しています。
ながた歯科医院の感染予防対策

情報開示及び個人情報管理

電子カルテを用いて個人カルテの開示ができます。

初診の際は、6つの項目で現状確認します

口腔内写真撮影

口腔内写真撮影
口の中を写真に撮ります。現状を目で確認でき、治療開始後は状態を比較検討もできます。

パノラマ撮影 名護の歯科クリニック ながた歯科医院

パノラマ撮影
短い時間で撮れ、口の中全体のむし歯の進行状態、歯を支えている骨の状態が一目でわかります。

位相差顕微鏡SK-Ⅲ 名護歯科 治療 ながた歯科

SK-Ⅲ
歯垢は歯周病菌や虫歯菌をはじめとする微生物のかたまりです。その歯垢を位相差顕微鏡「SK-Ⅲ」(1300~2000倍)で見ていただきます。

歯周基本検査 名護歯科 歯周治療 ながた歯科

歯周基本検査
歯周組織の状態(ポケットの深さ)を調べます。少しチクッとしますが、心配しないでください。

顎模型作成 沖縄県名護市の歯科 ながた歯科

顎模型作成
現在の咬み合わせや、歯並びの状態を理解していただく為に、歯型を採ります。

スケーリング 沖縄名護市の歯科 ながた歯科

スケーリング
超音波スケーラーを使って歯肉縁上に付着した歯石、歯垢を取り除きます。